冬に多い皮膚のかゆみの原因と防止方法やかゆい場合の対処方法は?

冬になりますと体のあちこちが、かゆくなってくる場合があります。

しかも、体中がかゆくて、寝る事も出来ないような重症になる場合もあります。

では、なぜ冬に体がかゆくなるのでしょうか?

そのかゆいという症状について原因や防止と対処方法を考えてみました。

スポンサードリンク
  

冬に多い皮膚がかゆい原因は?

冬は、空気が乾燥しますので、皮膚のかゆみが起こりやすいのは
仕方ないと言われています。

しかし、空気の乾燥だけでなく、ターンオーバーの乱れや
入浴しても皮膚がかゆくなる場合があります。

空気が乾燥しますと肌はカサカサ状態になって乾燥肌になります。
私たちの体全体をおおっている皮膚は、
汗と皮脂が混ざってできる天然の保護クリームで
おおわれていますので、普段は刺激を防止してくれます。

皮膚にも角質が厚い部分と薄い部分があるのをご存知と思いますが、
乾燥肌になりますと皮膚の薄いところから乾燥していきます。

そして、皮膚の薄いところは、天然の保護クリームが
減少しているために刺激があたりますと、
肌が敏感に反応してかゆくなります。

ターンオーバーの乱れでもかゆくなると言うのは、
歳をとると肌が乾燥しやすくなります。

そして、肌の新陳代謝が悪くなるために、
古く乾燥した角質が肌の表面にたまってしまい、
一気にはがれることによって、
はがれた部分は角質が薄い状態になり、
刺激が伝わりやすくなって炎症を起こしてかゆくなります。

ターンオーバーとは、皮膚細胞が順番に
生まれ変わっていくことを言います。
(細胞の新陳代謝とも言います。)
基本的にターンオーバーの周期は、
約28日間が正常とされています。
また、年齢を重ねるにつれて段々と
周期が遅くなっていくと言われています。

お風呂に入ると肌がかゆくなることがあります。
それは、お湯の温度が40度以上の高温になりますと
肌に対して刺激が強くなりますし、
冬は肌表面の温度が低くく、熱いお湯に入りますと肌から
皮脂がうばわれて、乾燥しやすくなりますのでかゆくなります。

お風呂で、体を洗う時に刺激性が強いボディソープなどを
使ったり、硬いナイロンタオルなどで強く肌をこすりますと、
肌に最低限必要な皮脂まで洗い流してしまい、
天然のクリームが減少して乾燥肌になりかゆくなります。

冬に多い皮膚がかゆくならないよう防止方法は?


肌の乾燥を防ぐためには、保湿するクリーム(液)などを
使って適切に肌のケアをするとよいでしょう。

スポンサードリンク

また、肌の状態はみなさん違いますので、
新製品や流行の保湿クリーム(液)を選ぶのではなく、
成分などを確認して自分に合ったものを選んでください。

そして、入浴後にはこまめに保湿クリーム(液)を
使うようにして乾燥肌の防止をしてください。

また、かゆみがありますと寝ている間など、
無意識に肌をかいてしまう場合がありますので、
爪は短く切って、肌を傷つけないように注意しましょう。

お風呂は、熱いお湯に入らないように心がけましょう。
(約40度以下が理想です。)

体を洗う時には、アミノ酸系界面活性剤のような
皮膚に優しい成分で、できたボディソープを
使用したほうがよいでしょう。

また入浴する際は、スキンケアタイプの
入浴剤を入れると保湿効果の上昇が期待できます。

かゆみが発生する一例として、
・乾燥した場所に長期間いるなど。
・入浴後にケアなどなにもしない。
・バランスの悪いかたよった食事など。
・ストレスをため込むなど。
肌にとって悪い状態になります。

生活習慣を少し変えるだけでも、肌にとって良いことが
ありますので、あなたに合った方法で、
かゆみの防止に努めてください。

冬に多い皮膚がかゆい場合の対処方法は?


皮膚がかゆくなるとその部分をかいてしまうため、
さらに角質層が荒れてかゆみが強くなり、悪循環の元になります。

肌をかいてしまう前に市販のかゆみ止めなどの
お薬を使用してかかないようにしましょう。

しかし、市販のかゆみ止めのお薬は、
一時的にかゆみをなくすようですが、
かゆみの元になる炎症を治す効果はありません。

炎症を治さないと湿疹(しっしん)が悪化してかゆみが
増していきかいてしまうことで、余計に悪くなります。

そうならないためにも、
早めに皮膚科に受診して、適切な治療をしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

皮膚がかゆい時はだれでもかいてしまうものですが、
かき過ぎるとひどい湿疹になったりしますので、
市販のかゆみ止めなどを常に用意しておいた方がいいですね。

そして、乾燥肌を防ぐ保湿クリーム(液)をお風呂上りには
必ず使ったりして、肌のケアを忘れずにしてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す