食中毒になると移ることがあるのか?感染経路や予防方法は?

食中毒といっても、細菌によるものなのか、ウィルスや寄生虫などによるものかによって症状も違ってきます。

症状としては、腹痛や下痢、嘔吐、しびれ、発熱などがほとんどで、ひどくなりますと言語障害や呼吸困難になってきます。

そして、家族が同じ家に住んでいて、食中毒は移されることがあるのでしょうか?

視点を少し変えて述べていきます。

スポンサードリンク

食中毒は移ることがあるのか?


食中毒になっている人から移されることがあるのか?
と言いますと、移される可能性があります。

可能性があるというだけで、
移されない可能性もありますので、
その辺りを慎重に見極める必要があります。

食中毒と言っても、種類が多くあり、
何を食べたためか?
などどうして食中毒になったのかが
わからない場合があります。

また、食べたものが特定できて、
それによって起こった食中毒と断定できるのでしたら、
移されない可能性もあります。

移される可能性がある食中毒では、
細菌やウィルスによって食中毒になった場合になります。

食中毒の感染経路は?


食中毒になった人から
移される二次感染が怖いところです。

細菌やウィルスが原因の食中毒では、
感染した人がさわった物を他の人がさわって感染したり、
呼吸をしているだけでも移される飛沫感染があります。

食中毒に感染している人は、
咳やくしゃみ、嘔吐などをして
手に細菌やウィルスがついています。

その手でトイレのドアノブやスイッチ、食器類などを
さわりますと、細菌やウィルスがつくことになります。

そして、感染していない人が
トイレのドアノブやスイッチ、食器類を
さわると感染してしまいます。

特に注意なのが、嘔吐物や下痢をした場所で、
トイレや洗面所などは密室空間になり、
細菌やウィルスが大量にいます。

感染していない人がトイレや洗面所に行きますと、
便器やトイレットペーパー、蛇口などからでも
感染してしまいます。

また、咳やくしゃみなどをして空気中に
細菌やウィルスをまき散らしていますので、
その部屋全体に細菌やウィルスが
大量にあることになります。

ですので、先ほども言ったように、
接触による感染や空気による感染がありますので、
油断はできません。

食中毒が移されない予防方法は?


飛沫感染を予防するには、
家にいてもマスクは必需品になります。

スポンサードリンク

しっかりと、鼻と口を覆うようにして
マスクをつけるようにしてください。

そして、感染している人がいる寝室では、
部屋中に細菌やウィルスがいますので
、空気の入れ替えが必要になります。

感染している人がいる寝室と廊下や
他の部屋に通じる扉は閉めて、
家の中に細菌やウィルスが広まらないようにします。

そして、感染している人がいる寝室の窓を
開けて細菌やウィルスを外に出すようにしましょう。

何時間も窓を開ける必要はありませんが、
定期的に部屋の空気を入れ替えるようにしてください。

また、感染している人の部屋に
薄めた塩素系の洗剤や漂白剤を
スプレーしてもよいですが、
強烈なにおいが残ったりしますので、
逆に気分が悪くなったりすることもあります。

その場合には、除菌スプレーなどが
ドラッグストアなどで販売していますので、
それを購入して空気中にスプレーするだけでも
細菌やウィルスを減らすことができますし、
イヤなにおいが残りません。

注意して欲しいことは、
酸素系の除菌スプレーでは
あまり効果がありませんので、
塩素系の除菌スプレーを
購入するようにしてくださいね。

次に接触感染を予防するためには、
ゴム手袋と靴下が必要になります。

トイレ内やドアノブ、スイッチ、寝室などは、
細菌やウィルスが
あらゆるところにくっついています。

見落としがちなところは、
床にも細菌やウィルスが落ちていますので、
靴下にくっつく場合があります。

細菌やウィルスの全て取り除くのは、
難しいですが、塩素系の洗剤や漂白剤を
薄めてふき取るだけでも
細菌やウィルスが少なくなります。

また、市販されている使い捨ての
除菌シートなども役にたちます。

ぞうきんなどでふき取った場合には、
しっかりと洗剤で洗うようにしてください。

また、市販されている使い捨ての
除菌シートの場合、使用した後は
ビニール袋に入れるようにして
細菌やウィルスが広まらないようにしましょう。

そして、食器類や洗面所などにある
タオルも別々に使うようにしましょう。

食器類も塩素系の洗剤で除菌するようにして
細菌やウィルスをなくすようにしてください。

そして、うがいと手洗いを小まめにしっかりと
おこなうように心がけてください。

うがいをすることで、
細菌やウィルスを体内に入れないことになりますし、
洗剤で手洗いすることで、
細菌やウィルスを洗い落すことになります。

ちなみに、水だけで手洗いをしても細菌やウィルスが
洗い落とされない場合がありますので、
洗剤を使うほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

食中毒になった人は、
病院に行って診察を受けることが大事ですが、
帰ってきてから家族に移すことも考えられますので、
隔離する必要があります。

また、二次感染の危険がありますので、
マスクをつけて、手洗いとうがいを
しっかりとして感染防止に努めてくださいね。

日ごろからの予防で、
食中毒にならない可能性がありますので、
念には念を入れて予防してくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事です。

スポンサードリンク

コメントを残す