お正月にお雑煮を食べる由来は?すまし汁や他の味の地域は?

お正月にしか食べる事のないお雑煮ですが、元々はいつから食べられるようになったのでしょうか。

また、世界から見ますと日本は小さな島国になります。

しかも、日本国内において、地域によって入れる具材や味が違ってきますので、とても不思議に思います。

そんなお雑煮について考えてみました。

スポンサードリンク
  

お正月にお雑煮を食べる由来は?


日本でお正月に神様にお供え物としてお餅を使っていました。
そしてお供えしたお餅をその年の初めに食べると、
神様からの恩恵(おんけい)を受けて、
災いなどがなくなると信じられていて、
その年は平穏無事に暮らせると言われていました。

お雑煮の元となるのは、平安時代から食べられていたようですが、
その当時は、お雑煮と言わずに烹雑(ほうぞう)と言われる物で、
時代が変わっていき室町時代の武家社会において、
お雑煮と呼ばれるようになっていきました。

お正月の宴会時に最初に食べると縁起がよい食べ物として、
武家社会の間で習慣化されました。

室町時代においては、お餅は高価な食べ物とされていたために、
武家では、食べられていましたが、
庶民には里芋をお餅の代わりに食べていたようです。

そして時代は変わり、江戸時代になりますと庶民にもお餅が
手に入りやすくなりましたので、雑煮と言われていたことから、
どんな食べ物を使って煮てもよいと、
庶民が勝手に解釈してしまい各地域で取れる食材を
使いましたので、現在においてもお雑煮は地方によって
具材が違いますし、味も違いがあります。

お正月のお雑煮がすまし汁の地域は?


日本全体で見られるお雑煮は、ほとんどがかつお節や
昆布または醤油を使ったすまし汁になります。

なぜ、すまし汁かと言われますと。

江戸時代に、江戸に武士が多くなり失敗した時に
「味噌を付ける」という言葉から、
年の初めから味噌味のお雑煮を食べると縁起がよくないと
考えられていて武士が嫌って食べませんでした。
そのために日本の各地では、すまし汁のお雑煮が
主流になったと考えられています。

スポンサードリンク

失敗した時に「味噌をつける」と言う言葉は、
元々やけどをした時にその患部に味噌をつけて治療する
特効薬と信じてられていましたが、やけどをしてしまう
という事は、しくじった事や間違った事をした場合に
使われていましたので、武士が嫌ったのですね。

ちなみに、北海道や沖縄では元々、
お雑煮を食べる習慣がありませんでしたが、
北海道においては本州から持ち込まれた風習を元に、
お正月にお雑煮を食べる習慣がついたと言われています。
沖縄に関してはお雑煮ではなく、
豚を使った汁などを食べているようです。

お正月のお雑煮が他の味の地域は?


武士が嫌うお味噌を使ったお雑煮を食べる地域があります。
近畿地方と一部の四国地方では、
味噌を使ったお雑煮を食べる習慣があります。

これは、京都の食文化が大いに関係していて、
味噌を使った味付けが広まったのと、近畿では、
武士よりも商人や農民の人たちの考えが強かったために、
お味噌を使ったお雑煮が出来たと言われています。

お味噌と言っても、赤味噌と白味噌に分かれていて、
近畿地方と一部の四国地方では、
白味噌を使ったお雑煮になり、
福井県と京都の一部の地域では赤味噌を
使ったお雑煮になります。

私の両親や祖父そして先祖は、大阪にいましたので、
子供の時から白味噌を使ったお雑煮を毎年、
お正月に食べていましたが、
お正月に関東へ行った時に出てきたお雑煮が
すまし汁でしたので、ビックリ!しました。

正直な話「これってお雑煮じゃない!」と思いました。
しかし、そちらの人の話では、
全国的にはすまし汁のお雑煮が定番と聞かされて、
これに対してもビックリ!しました。

他にも、香川県では白味噌を使っていますが、
お餅があんころ餅だったりしますし、
三重県や鳥取県または出雲地方や能登半島の一部では、
小豆(あずき)汁のお雑煮を食べているところもあります。

特に関西地方においては、白味噌だけでなく赤味噌や
小豆を使ったお雑煮があります。

おそらく、その地域に住んでいる人達にとっては、
それが普通のお雑煮として食べていますので、
他の地方に行ってお雑煮を食べる事がありましたら、
やはり私みたいにビックリ!すると思います。

まとめ

いかがでしたでしたでしょうか。

お雑煮の由来から考えても日本独特の食文化と言えますし、
各地においては、お雑煮に入れる具材も違えば味も
違ってきますので、もしも機会があれば
各地域のお雑煮を食べてみるのもよいでしょう。

私としては、やはり慣れ親しんだ
白味噌味のお雑煮が一番好きな味になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事です。

スポンサードリンク

コメントを残す