やる気が出る方法や急にやる気がなくなった時。継続すると何かが起きる?

やる気とは、いったい何なのでしょうか?

勉強や仕事、家事など、生活をしていますと、やる気の事などを考えずとも自然としている場合があります。

しかし、勉強や仕事、家事などがイヤだと思った時に、無理にやる気を出してするのか?やめてしまうのか?人によって考え方や体調によって違ってきます。

何気なく使っているやる気について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

やる気が出る方法とは?

やる気と言うよりもしなくてはならないから、
している方が多いと思います。

しかし、体調が悪かったり、気持ち的に受け付けない感じで、
やる気が起きない時がありますよね。
しかし、やらなければならない・・・

そのような時は、どうすればよいのか?考えますよね。

人によって様々なやる気を出す方法を持っている人がいますが、
やる気を出す方法がわからない人に試して欲しいことがあります。

それは、

単純にしなければよいだけです。

無茶を言わないで!と思っているでしょうが、
やる気が起きない訳ですから、
それをしたとしても、よい結果が出ません。

勉強や仕事、家事など、やる気がないのに、無理やりやっても、
よくない場合が多いです。

勉強でしたら、理解できませんし、集中力もなく進みません。

仕事でしたら、頭の整理がついていませんので、
出来たとしても、結果が見えていますね。

家事でしたら、掃除をしても、あまりキレイにできません。
洗濯物を干しても、適当に干すだけになってしまいます。

ただ、しなければよいと言いましたが、
ここからが肝心な部分です。

もしも、勉強や仕事、家事をしなかった場合に、
どうなるか?を考えてください。

勉強でしたら、テストで低い点数になり、
親や先生から何か言われますよね。

仕事でしたら、さぼっているとか、怠けているなど、
同僚や上司から何か言われます。

家事でしたら、ゴミ屋敷までとは言いませんが、
汚れたままで、洗濯物はたまってきますし、
床は、ホコリだらけになります。

やる気が出ない時は、とりあえず、放置しておき、
気分転換するのが、一番よい方法です。

そして、崖っぷちに立たされてから、
初めて、やるしかない。と思ってやるようになります。

また、イヤイヤやり出して、やってみますと、
時間が過ぎるのも忘れるぐらいに、必死になって、
やっていることもあります。

一番よいのは、自然体ですることですね。

やる気が出たのに、急にやる気がなくなった時は?

やる気と言うよりも、勉強や仕事、家事などをやっていて、
急にやる気がなくなった場合ですが・・・

スポンサードリンク

とりあえず、一旦、その作業をやめましょう。

そして、休憩するか?トイレに行ったりして、
その場から離れるほうがよいです。

気持ちをリセットする感じで、作業を放置します。

何分か、何十分かしますと、気持ちに余裕が出てきます。

その辺りで、とりあえず、先ほどの作業を4分だけ、
続けてみようと考えて、作業を始めてみてください。

4分はあっという間ですよ。
それでも4分間の作業が続かない場合は、
再度、作業を中断して、再び、その場から離れます。

気持ちに余裕が出てきたところで、
再び、4分だけしてみようと思い、作業をしてください。

もしかしますと、4分どころか、
10分ぐらいしているかもしれません。

気持ちの問題もありますが、コツをつかめば、
作業が進むようになり、4分だけのつもりが、
10分や20分、そして1時間している場合もあります。

一度、お試しくださいね。

やる気は、継続すると何かが起きる?

やる気が起きず、何度か、休憩をしながらして、
出来るようになりますと、結果は、どうであれ、
達成感が味わえます。

そして、その作業のコツがわかりますと、
次に同じような作業になっても、あまり苦に思わなくなります。

すごく不思議な事だと思いますが、以前にした経験から、
ある程度、コツをつかんでいますので、スムーズに作業が出来ます。

しかも、人によっては、苦手だった作業が、
得意になっていたりして、あなた自身がビックリします。

やる気がなくても、「朝飯前:あさめしまえ」状態で、
作業が出来るようになるのですから、
すごいことだと思いませんか?

やはり「継続は力なり」と言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あまり説得力がないかも知れませんが、やる気を出すには、
あなたにしかわからない。やる気を出すためのコツがあります。

やる気のコツをうまく利用するだけで、苦手だった作業が、
得意になったり、簡単に出来るようになりますので、
すごい成長だと、自分をほめてあげてくださいね。

もちろん、先生や同僚、上司がほめることもありますが、
何よりも自分で自分をほめることが、
よい結果につながるでしょう。

そして、自分に自信をもってくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す