奈良県橿原市にある橿原市総合プールの特徴や施設、アクセス方法は?

暑い夏になりますと、海やプールに行って体を涼しくしたいと思いますね。

奈良県は、海に面している場所がない県になりますので、海に行くとなりますと、大阪、京都、兵庫、和歌山、三重など隣接している府や県に行く必要があります。

しかし、プールでしたら奈良県内にもありますので、他府県に行く必要もありません。

奈良県内でも大勢の人が来られる橿原市総合プールについてご案内致します。

スポンサードリンク
  

奈良県橿原市にある橿原市総合プールの特徴は?


奈良県橿原市は、奈良県内のほぼ中央にある市になり、
そちらに橿原市総合プールがあります。

総合プールという名前だけあって、いろんな施設などもありますし、
小さなお子様の家族連れ、友人、カップル、年配者まで、
幅広い層の方が遊べる大きな総合プールになります。

橿原市総合プールの大きさは、
総面積が約30,000平方メートルあり、
レジャーで楽しめる部分が、約19,000平方メートル。
競技用で使用される部分が、約11,000平方メートル。
ありますので、レジャー部分だけでも広いと言えます。

ちなみに、阪神甲子園球場の大きさは、
総面積が約38,500平方メートルありますので、
阪神甲子園球場よりも少し小さい感じです。

また、レジャー部分だけ見ますと、
阪神甲子園球場のグランド面積が約13,000平方メートル
になり、大きさとしてはあまり変わらない感じですので、
球場のグランド部分がレジャー部分だと考えますと、
相当、広いと言えます。

橿原市総合プールにある施設は?


小さなお子様などには、
「じゃぶじゃぶプール」がおすすめです。
大人の足のひざぐらいまでの深さですので、
なんとか歩くことが出来るようになった乳幼児でも、
保護者がついていれば、安心して楽しめます。

幼児や低学年でしたら、
「子供プール」などがおすすめです。
小さなスライダーで「カメスライダー」の他に、
ウォータージャングルや水鉄砲、噴水などがあり、
元気な低学年に人気のあるプールになります。

正形プールやファミリープールなどは、
家族連れに人気があり、
お父さんやお母さんなど保護者も一緒に
入ることができますので、お子様が小学生などで、
泳ぐ練習を教えたりすることができます。

流水プールは、流れるプールになりますので、
うき輪などを使って浮かんでいても楽しいですし、
流れがゆっくりですので、体を流れにまかせて、
浮かんでいてもよい感じです。

メインとなるのは、やはり、スライダー系になります。
橿原市総合プールには、3種類のスライダーがあります。

単調な直線を滑り落ちる「直線スライダー」ですが、
3列に平行に並んでいますので、友達と同時に滑ることが
出来ますし、長さが約31.5mありますので、
短いと思って滑りますと、けっこう長かったりしますので、
ファミリーに人気があります。
ただし、身長が120cm以下ですと、
保護者同伴になります。

少し珍しいところでは、
上昇機能をもった「アップヒルコースター」があり、
うき輪に2人で乗って、滑る感じのコースターです。
ただし、身長が120cm以上、必要になります。

スポンサードリンク

橿原市総合プールの目玉で、
「ジャンボスライダー」は、一番高いところで、
地上から約20mあり、滑り出しますと、迫力があり、
曲がりくねって滑り落ちる感じになり、
なかなか終わりがわからない状態で、
長さが約177mあります。

ジャンボスライダーにも身長制限があり、
身長120cm以上ですと、一番高いところから、
3段目まで滑ることができますが、
120cm以下ですと、一番低い4段目になり、
保護者同伴になります。

競技用の50mプールと25mプールは、
公認されているプールになり、その日によっては、
競技が行われている場合があります。
しかし、競技が行われていない日ですと、
解放してくれます。

ただし、50mプールは、中学生以上しか使用できません。
しかし、25mプールは、小学生以上でしたら使用できます。

プールサイドには、売店や救護室などが、
設けられていますので、食べ物や飲み物を買う事も
出来ますし、万が一のために、救護室には、
看護師が常駐していますので、安心ですね。

橿原市総合プールの情報とアクセス方法は?

橿原総合プール情報です。

開園期間は、
例年ですと、7月第二土曜日から8月31日までです。

開園時間は、例年ですと、9:30~16:30までです。

定休日は、
競技などの大会等がありますと、利用出来ないプールがあります。
しかし、レジャー部分は、ほぼ休みがありません。

住所は、
奈良県橿原市雲梯町(うなてちょう)323-2
橿原運動公園内にあります。

お問い合わせは、
橿原市スポーツ協会(運動公園)
電話番号:0744-22-6665です。

プール利用料金は、
大人(中学生以上):1,130円です。
小人(3才以上~小学生):610円です。
2才以下は、無料です。
お孫さんと同伴の60才以上(証明必要):610円です。

開園期間と開園時間、料金などは、予告なしに変更する
場合がありますので、ご了承ください。

アクセス方法

電車利用:近鉄南大阪線「坊城(ぼうじょう)」駅から、
     徒歩で約15分です。
     JR桜井線の「金橋(かなはし)」駅から、
     徒歩で約30分です。

バス利用:近鉄大阪線「大和八木(やぎ)」駅から、
     奈良交通の臨時バスで「総合プール」行に乗車。
     料金は、大人:280円、小人:140円です。

ただし、プールの開園期間と臨時バスの運行期間に
少し違いがあります。
また、バスの本数も少ないので注意してください。

車利用:大阪方面からは、南阪奈道路から、
    大和高田バイパスの雲梯ランプを下りて、
    雲梯町交差点を右折して、少し行くと駐車場があります。
    駐車料金は、無料です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

奈良県には、他にもプールが何カ所かありますが、
大きなプールで、家族連れなどに人気のあるプールに
なりますと、やはり、橿原市総合プールが上位に
上がってきますね。

しかも、車で行きますと、ほとんどが駐車料金など、
必要になりますが、橿原市総合プールの駐車場は、
無料なところも、魅力の1つですね。

いろんな楽しい施設が豊富にありますので、
思う存分、楽しんできてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事です。

スポンサードリンク

コメントを残す