期間限定!神戸、播但から四国地方に高速道路の金額や利用範囲と注意事項は?

神戸や播但(ばんたん)、尾道地方に在住のあなたにとって、四国地方に行かれるでしょうか?

瀬戸内海を挟んで向こう側で中国地方からでしたら、四国地方は近い距離ですが、橋の通行料が気になるところですね。

最近では、ETC車載機を取り付けている車が多く、早朝や深夜などETC割引などがありますのでお得感があります。

NEXCO西日本のサービスで期間限定ですが、日中においても四国内の高速道路が安く利用する方法になります。

期間限定な部分が、少しひっかかると思いますが、利用方法によっては、高速道路の利用料金がとても安くできます。

NEXCO西日本で「四国まるごとドライブパス2017」があります。「みち旅」と検索しますと、すぐに表示されます。

今回のご紹介は、神戸や播但、尾道地方に在住のあなたが利用できる「四国まるごとドライブパス2017」で金額や利用範囲と注意事項などを考えていきます。

スポンサードリンク
  

期間限定!神戸、播但から四国地方の高速道路利用と日程や金額は?


「四国まるごと」と言うことだけあって、
四国全域の高速道路が利用できるプランになっています。

利用期間は、
2017年6月1日(木)~12月17日(日)になり、
期間が決められていますが、うまく日程があえば、
四国地方の旅に安く出かけることが可能です。

ただし、お盆期間(8月10日~16日)は利用できません。

神戸、播但、尾道地方から出発のあなたは、
神戸、播但、瀬戸内発着プランになります。

日数は、全日プランは3日間と4日間があり、
休日プランは2日間になります。

料金は、
全日4日間 普通車:7,000円、
      軽自動車・自動二輪車:5,600円です。
全日3日間 普通車:6,300円、
      軽自動車・自動二輪車:5,000円です。
休日2日間 普通車:5,300円、
      軽自動車・自動二輪車:4,200円です。

四国に行くには、瀬戸内海を渡る必要があり、
橋を通って行く事になります。

「四国まるごとドライブパス2017」
の料金には、橋の通行料金が含まれていません。

四国に行くルートは3種類あります。
金額は、
神戸淡路鳴門道(神戸西~鳴門)
平日、普通車:3,280円、
   軽自動車・自動二輪車:2,660円です。
休日、普通車:2,620円、
   軽自動車・自動二輪車:2,110円です。

瀬戸中央道(早島~坂出)
平日、普通車:2,270円、
   軽自動車・自動二輪車:1,850円です。
休日、普通車:1,950円、
   軽自動車・自動二輪車:1,590円です。

西瀬戸道(西瀬戸尾道~今治)
平日、普通車:2,890円、
   軽自動車・自動二輪車:2,410円です。
休日、普通車:2,260円、
   軽自動車・自動二輪車:1,850円です。

「四国まるごとドライブパス2017」に追加で、
四国に渡る橋の料金が必要と考えてください。

期間限定!神戸、播但から四国地方の高速道路の利用範囲は?


神戸、播但、瀬戸内発着プランと言っても、中国地方内でも
限定されているプランになり、
広島地方や山口地方は、別のプランになります。

神戸、播但、瀬戸内発着プランの
利用できる範囲とインターチェンジです。

神戸、播但、瀬戸内エリア内の対象ICは、
東側:中国自動車道、神戸三田IC
   山陽自動車道、神戸北IC
西側:山陽自動車道、尾道(おのみち)IC
北側:播但連絡道、和田山(わだやま)IC
   岡山自動車道、有漢(うかん)IC
南側:播但連絡道、花田本線(はなだほんせん)IC
(大塩別所:おおしおべっしょ)
   山陽自動車道、早島(はやしま)IC
の範囲内でしたら、どのICからでも、1回に限り乗降りができます。

スポンサードリンク

四国内の周遊エリア対象範囲のICは、
東側:高松自動車道、鳴門(なると)IC
   徳島自動車道、徳島IC
西側:松山自動車道、西予宇和(せいようわ)IC
   大洲(おおず)IC~大洲北只(おおずきたただ)ICは、
   大洲道路を通る一般道路です。
   西予宇和(せいようわ)IC
   ~津島岩松(つしまいわまつ)は無料区間です。
南側:高知自動車道、須崎東(すさきひがし)IC
   ~四万十町中央(しまんとちょうちゅうおう)IC
   は無料区間です。
北側:高松自動車道、坂出(さかいで)IC
   今治小松自動車道、今治湯ノ浦(いまばりゆのうら)IC
の範囲内でしたら、どのICでも乗降りが自由にできます。

ほとんどの四国地方の高速道路と無料区間が利用できます。

期間限定!神戸、播但から四国地方の高速道路利用時の注意事項は?


先程、発着の神戸、播但、瀬戸内発着プランの
利用できる範囲とインターチェンジを述べましたが、
範囲が少しややこしいです。

中国自動車道の福崎ICから西側が利用出来ない恐れがあります。
それは、北側の範囲で、岡山自動車道の有漢(うかん)ICまでの
範囲になっていますので、中国自動車道の福崎ICから、
北房(ほくぼう)JCTを経由して、岡山自動車道の途中に、
有漢(うかん)ICがありますので、範囲外になる可能性があります。

そうしますと、中国自動車道を通らずに、播但連絡道を通り、
山陽姫路ICで、山陽自動車道に乗り東に向かいますと、
三木JCT経由で、神戸淡路鳴門道を通り、四国に入る方法と、
山陽姫路ICで、山陽自動車道に乗り西に向かいますと、
岡山JCT、倉敷JCT経由で、瀬戸中央道を通り、
四国に入る方法の2通りがあります。

そして、第二神明道路や阪神高速は別料金になりますし、
第二神明道路から神戸淡路鳴門道に入ることができません。

また、神戸、播但、瀬戸内発着内のインターチェンジから、
高速道路に乗った場合、四国地方の周遊エリアまでの
途中で降りますと、適応対象外になり、別料金となります。

必ず、四国地方の周遊エリアまで、高速道路を降りないよう、
注意してください。

ETC車載器が付いている自動車に対して適用になります。
レンタカーでもETC車載器が付いていて、
ETCカードをお持ちでしたら、ご利用できます。

また、インターネットで申込時にETCカードが
必ず必要になりますので、
ETCカードを用意して申し込みをおこなってください。

ドライブパスのお問い合わせは、
NEXCO西日本お客さまセンター (年中無休・24時間)
0120-924-863です。
※上記電話をご利用できない場合は、
06-6876-9031です。(有料になります。)

最近、電話のお掛け間違いが大変多くなっています。
上記以外の電話番号はありませんので、ご注意ください。

メールでのお問い合わせは、
ご質問事項をご記入の上「送信」ボタンを押してください。
受付時間は、9:00~17:30(土・日・祝日除く)

※土曜、日曜、祝日、
年末年始(12月29日~翌年1月3日)は、
メールの自動受信はしますが、
メールの開封と回答は翌営業日以降になります。

また、メールが平日17:30以降に送信された場合は、
開封と返答は翌営業日以降になります。

メールが受信出来ていない場合には、
迷惑フォルダを確認してください。

また、携帯電話やスマホなどでメールを送信した場合、
「michitabi.com」と「w-nexco.co.jp」からのメールが
受信できるよう、ドメインの設定をしておいてください。

お申し込み内容の変更や解約手続きは、
ご利用開始日の23時59分までにホームページから、
お願いします。

また、ご利用開始日を過ぎますと変更や解約は
全くできませんので、注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中国地方は広いですので、プランが2つに分かれています。

今回、ご紹介しましたのは、
神戸、播但、尾道地方になりますので、
中国地方でも、中部から東側になります。

四国地方にあまり行かないと思われているのでしたら、
この機会に、安く高速道路が利用できるプランになりますので、
日程をうまく合わせて、利用したほうがお得になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事です。

スポンサードリンク

コメントを残す