七五三の起源や由来と男の子や女の子の場合は何才になるの?

秋ぐらいになりますと、七五三の季節になってくる感じです。

私自身も知りませんでしたが、私の家庭で女の子が生まれてから、1年ほどしましたら、両親から「七五三を考えなくてはならないよ。」と言われました。

七五三って、子供はまだ、1才だからまだまだ先の話だと、言いましたが、両親から1年なんてあっという間に過ぎていくから、心づもりをしておいたほうがよいと言われたのを覚えています。

少し気になりました七五三の起源や由来と男の子と女の子では、年令によって違うみたいですので、考えていきます。

スポンサードリンク

七五三の起源や由来は?


七五三の起源は、平安時代や室町時代と言われていて、
はっきりした記述がありません。

しかし、その当時には、子供が生まれて、
乳幼児の時に亡くなってしまう確率が高く、
3才ぐらいまで生きますと、当時の戸籍などに
登録されるようになっていました。

ですので、3才ぐらいまで生きた幼児に対して、
今まで、無事に育ってきたことを神様に感謝する意味で、
お祝いをしていました。

また、幼児から少年や少女になるなど、
節目になると考えられていて、今後の将来においても、
健康で無事に一生を全うできるように願いを
込められていました。

実際に、現在のような七五三の形になったのは、
明治時代に入ってからと言われています。

やはり、授かった子供が無事に成長していくのを
神様に感謝と子供の健康を祈っての儀式みたいな
もので、現在まで続いています。

昔は、乳幼児の生存率が低かったこともあり、
無事に3才ぐらいまで、生きてきた事で、
神様に感謝をするようになった感じですね。

でも、それならば、七五三でなくても
三才だけでもよいように思います。

しかし、男の子と女の子とでは、年令によって、
少し違ってきているようです。

七五三で男の子の場合は何才になるの?

七五三と言うことで、7才、5才、3才の
全ての年令でお祝いをするのかと言いますと、
男の子と女の子では、少し違うようです。

男の子の場合は、
3才と5才にお祝いをするしきたりがあります。

3才の時は、髪を伸ばし始めることで、
髪置(かみおき)の儀式があります。

江戸時代において、3才までは、
髪の毛を剃っていて、3才になり、
髪の毛を伸ばしていくようになったと
伝えられています。

5才の時は、服装で袴(はかま)を着る
袴着(はかまぎ)の行事があります。

スポンサードリンク

江戸時代において、袴を着ることは、
武家社会では、袴を着ることが正装に
あたりますので、5才で初めて袴を着ることで
大人として、認められるような感じになります。

また、5才には、これから知恵がつくようにと
願ってお祝いをするようになります。

3才の時は、子供ながらも
あまりわかっていない時期ですが、
5才ともなりますと、子供自身が親に対して
気持ちが伝えられるようになってきます。

ですので、5才まで立派に育った意味も
込めて、神様に感謝と子供の健康をお祝いをします。

3才、5才、7才と言いましたが、
数え年で考えられることが多く、
満2才の時に3才の七五三をおこなうことが、
多くなってきています。

2才と3才では、たった1年でも顔立ちが
変わってきますし、2才の時の方が親として、
かわいいと思われて、七五三をする感じです。

ただ、2才ですと子供があまりわかって
いませんので、機嫌が悪くなったり、
泣いたりする場合がありますので、
時間も短めにするほうがよいでしょう。

七五三で女の子の場合は何才になるの?


男の子の時は、3才と5才でしたが、
女の子の時は、何才かといいますと、
3才と7才にお祝いをするしきたりがあります。

3才の時は、髪を伸ばし始めることで、
髪置(かみおき)の儀式があります。

江戸時代において、3才までは、
髪の毛を剃っていて、3才になり、
髪の毛を伸ばしていくようになったと
伝えられています。

これは、男の子でも同じでした。

7才の時は、女の着物帯の装い始めになり、
帯解(おびとき)の儀式があります。

江戸時代において、女の子は7才になる年に
着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、
大人の女性と同じ丸帯(まるおび)を
つけるようになり、大人として認められる
ようになる感じです。

女の子の場合も男の子同様に、
数え年で考えられていますので、
満6才の時に七五三をするようになっています。

そうしますと、女の子の場合、
秋に七五三の行事をして、翌年の春には、
小学校に入学となり、行事が続く感じです。

ですので、数え年でなく、満7才の
小学校1年生の時に七五三をする家庭も
ありますので、子供への負担が少なくて済みます。

6才でするか7才でするか?少し悩みどころ
ですが、兄弟や姉妹がいる家庭では、
他の子供のことも考えて七五三をしたほうが
よいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

現在では、乳幼児の時に亡くなってしまう
死亡率が低い環境にあります。

また、七五三は、親が子供に対して、
健康で長生きができますようにと願って
昔からおこなわれてきた行事です。

現在は、親が子供の健康や幸せを願う
愛情表現の1つになる感じですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事です。

スポンサードリンク

コメントを残す