七五三は、なぜ11月15日なの?神社やお寺に参拝する理由や準備は?

七五三と言いますと、子供の健康を願ったり神様に感謝をする行事となっています。

子供の健康や神様に感謝はわかりますが、日にちがなぜ11月15日になったのでしょうか。

現在では、子供が元気に育つ時代ですが、昔は乳幼児の時に亡くなってしまう確率が高かったこともあるようです。

では、神社やお寺に参拝する理由や参拝する前の準備などはどうなのでしょうか。

少し気になりましたので、日にちや神社やお寺に参拝する理由や準備について考えていきます。

スポンサードリンク

七五三はなぜ11月15日なの由来と現在では?


七五三が11月15日になった由来ははっきりと
わかっていませんが、3つの説があります。

江戸時代の五代将軍説

江戸時代の三代将軍の徳川家光の子供で、
徳松(とくまつ)が体の弱い子供だったために
家光が徳松の健康をお祈りをした日が
11月15日でした。

その後に、徳松は無事に成長しましたので、
七五三の日と決められたようです。

ちなみに、徳松は、後の五代将軍で、
犬公方(いぬくぼう)で有名な
「生類憐みの令」を出した徳川綱吉になります。

婚礼以外は吉の日説

旧暦の11月15日は、
二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち)
と言われていて、鬼が出歩かない日とされていました。

婚礼以外は何の行事をするにも良い日(吉の日)と
されていましたので、七五三の日と決められたようです。

ちなみに、旧暦の11月は、
田畑の収穫などが終えていましたので、
豊作などを神様に感謝する月とされていました。

たした数字の説

七五三の数字を全てたしますと、
15になることから縁起の良い日とされて、
七五三の日を旧暦の11月15日に決められたようです。

この説は、はっきりとした記述もなく、
単なる語呂合わせになっている感じです。

現在では何日になるの

現在においても、11月15日が
良い日とされています。

しかし、11月15日が平日ですと、
仕事や用事などの都合がありますので、
日取りがうまく合いません。

そのために、10月中旬~11月下旬までの間で、
カレンダーの暦(こよみ)をみて、大安や先勝の日
が縁起の良い日とされています。

家庭の都合などで、11月15日と決めずに、
七五三をするのに良い日を選んでお祝いをするのが
増えてきているようです。

ですので、無理に11月15日にこだわる必要もなく、
暦を見て、大安など縁起の良い日に七五三のお祝いを
する方が予定も立てやすくてよいでしょう。

七五三で神社やお寺に参拝するの理由は?


昔は、その土地の氏神様(神社やお寺)が
ありましたので、七五三のお祝いでは、
近くの氏神様へお参りに行く行事が残っています。

そのために、現在においても、七五三のお祝いでは、
神社やお寺へお参りに行く行事が習慣としてあります。

また、現在では、交通の発展や車などが
ありますので、近くの神社やお寺に行かなくても、
有名な神社や大きな神社に行く人が増えています。

しかし、子供が2才で七五三のお祝いを
するのでしたら、慣れない衣装を着て、遠距離を
移動しますと、子供が疲れてしまいます。

スポンサードリンク

出来れば、子供の事を考えて、近くの神社や
お寺へお参りに行くのがよいでしょう。

しかし、近くの神社やお寺には、神職が
いない場合もあり、祈祷(きとう)などを
してもらえない事がありますので、
事前に確認した方がよいでしょう。

また、七五三で祈祷などをしてもらわなくても
神社やお寺にお参りに行くだけで価値があると
考える人もいて、神職がいない神社やお寺で
ゆっくりとお参りする人も増えています。

どちらにしても、七五三は子供の行事と
なりますので、お子様が疲れないように
してあげる配慮があってもよいと思います。

七五三で神社やお寺に参拝する前の準備は?


先程も言いましたように、神社やお寺に神職がいて、
祈祷などをしてもらうか、神職がいない
神社やお寺にお参りに行くかによって違ってきます。

神社やお寺に神職がいない場合ですと、
お参りに行って、お賽銭(おさいせん)を入れて、
お祈りするだけです。

しかし、神社やお寺に神職がいる場合ですと、
祈祷などをしてもらいますので、
別に初穂料(はつほりょう)が必要になります。

あなたの考え方1つですが、祈祷などをしてもらい、
子供の健康を祈るのでしたら、行く予定の
神社やお寺に神職がいるのか、確認をした方がよいでしょう。

また、祈祷をしてもらう予定でしたら、
七五三の10月中旬~11月下旬の縁起のよい日で、
土曜日や日曜日、祝日でしたら、予約が多くなりますので、
約3カ月前に神社やお寺に連絡するようにしてください。

神社やお寺に神職がいるかを確認をした時に、
神職がいる場合には、初穂料がいくらかの確認も
忘れずにしておきましょう。

その神社やお寺によって値段が違います。

私の子供が七五三で行く予定の神社に連絡しましたら、
神職がいましたので、初穂料を聞きましたところ、
1万円と言われたのを覚えています。

実際に「値段が高いなあ」と感じましたが、
子供の健康には変えられないと思い、
日にちと時間、子供の年令をお伝えして、
予約のお願いをしました。

経験からしますと、午前中の方がよい感じです。

朝からの準備は大変ですが、午前中に予約した
神社へ行って、初穂料を納めたのちに、
神職から七五三の祈祷をすぐにしてもらえます。

時間にして、約30分ぐらいでしたので、
子供もあまり疲れていなかったですし、
昼食はお店に予約を入れておいて、
七五三のお祝いをしました。

ちなみに初穂料を準備する方法ですが。

初穂料を包む水引(みずひき)は紅白の蝶結びで、
のし袋の表書きの上段は「御初穂料」で、
下段には、七五三を受ける「お子様の名前」を書きます。

最近では、読みにくい名前のお子様もおられますので、
その場合は、ふりがなをふっておくとよいでしょう。

また、神社やお寺によっては、
親であるあなたの名前を書くように言ってくるところも
ありますので、事前に確認してください。

また、お寺で七五三の祈祷をしてもらう場合ですと、
「御初穂料」と書かずに、「御布施」と書きますので、
その辺りも間違って書かないように注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

江戸時代は、神仏習合(しんぶつしゅうごう)と
言って、神社もお寺も同じように考えられていましたが、
明治時代になり、神仏分離(しんぶつぶんり)となり、
神社とお寺を分けるようになりました。

しかし、七五三は江戸時代にはありましたので、
神仏習合と考えて、神社やお寺のどちらに
お参りに行っても間違いではありません。

要は、親であるあなたが決めることになりますので、
お子様が健康に成長が出来るように
祝う気持ちの方が大事になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事です。

スポンサードリンク

コメントを残す