大阪海遊館の特徴と周辺のイルミネーションや大観覧車の魅力は?

大阪の定番デートスポットとしてUSJと共に人気の高い最大級の水族館!それが、海遊館になります。

水族館デートは王道中の王道ですので絶対と言っても過言ではないぐらいに外すことはできないデートコースです。

都会の中とは違って海の生き物に癒されながらのんびりデートするのもよいでしょう。

今回は、海遊館の魅力と冬にしか見れないイルミネーションや周辺の施設などについて考えていきます。

スポンサードリンク

大阪にある海遊館の特徴と入館料やアクセスは?


海遊館の最大の特徴は、やはり巨大水槽にあります。

入場しますと一気に8階まで行く長い上り
エスカレーターに乗り、巨大水槽の周りを
スロープで下りながらグルグル回って見ていきます。

ひとつの水槽がとても巨大でインパクトがあり、
同じ水槽を上から下までずーっと眺めることができます。

その巨大水槽にいるのが海遊館の
目玉でもあるジンベエザメです。

日本国内で見ることができるのは海遊館を含めて
4ヶ所のみになりますので絶対に見ておきたいですね。

 
冬の風物詩として、水槽からメリークリスマス!
「サンタダイバー」ジンベエザメやカマイルカと共に
サンタダイバーがクリスマス気分を贈ります。

恋人へ水槽の中からサプライズメッセージが贈れる
イベントとして「クリスマスアクアメッセージ」
などがあり、イベントを楽しみたい人は、
やはりクリスマスに行くようにしましょうね。

クリスマスシーズンは大変混雑しますが、
サプライズメッセージなどは、
一生忘れられない思い出になると思いますよ。
 
場所 海遊館内「太平洋」巨大水槽、「タスマン海」水槽

ギフトショップもおすすめです。
かわいいキャラクターグッズが、たくさん販売されています。

海遊館の入館料

大人(高校生・16歳以上):2.300円
子供(小・中学生):1.200円
幼児(4歳以上):600円
シニア(60歳以上):2.000円

アクセス

海遊館には大阪市交通局(大阪地下鉄)
大阪港駅より徒歩約5分です。
 
大型駐車場(約1.300台)完備されていて
お車でも行くことが可能です。
平日は最大1.200円(30分200円)です。
土日祝、特定日は30分ごとに250円と
少し割高になっていますし、上限がありません。

スポンサードリンク

海遊館周辺の天保山にあるイルミネーションの魅力は?


冬になりますと天保山(てんぽうざん)
ベイエリアイルミネーションとして、
海遊館前イベント広場で行われています。

建物の前に約130万球ものLEDなどの灯りが輝き
イルミネーションのイベントを行っています。

広々としたスペースに輝き、
まるで大海原にいるように感じます。

他の場所ではとても味わうことのできない
開放感がある照明、キレイな色彩の対比が
とても美しい演出も魅力の一つです。

また、海遊館で展示する生き物に
ついてもイルミネーションで演出しています。

場所 海遊館周辺一帯
点灯時間 17時~22時(一部17時~20時)
観覧は無料(ただし海遊館に入場する場合は別途必要)

海遊館周辺のマーケットプレイスや大観覧車は?


海遊館内でのデートは、結構時間もかかりますが、
海遊館に隣接している大型施設として、
天保山マーケットプレイスがあります。

施設内は、どこに足を運んでよいのか
迷ってしまう程にいろんなお店が多数あります。

カフェ、レストラン、アミューズメントショップなどが
豊富に揃っていて、時期によってはイベントも
開催されていますので、いっぱい楽しむ事ができるでしょう。

天保山大観覧車は、
天保山マーケットプレイスに直結しています。

高さ約112M、直径100Mの
世界最大級の観覧車になります。

所要時間は約15分で、晴れた日には
東に生駒山系、西に明石海峡大橋、
南に関西国際空港、北に六甲山系までが一望でき、
斜め下にはUSJも見えて絶好の空の旅になります。

60台あるキャビンのうち、3台が車いすのまま
直接搭乗できるバリアフリー型キャビンです。

そして、4台しかない床が透けて見えている
迫力のあるシースルーキャビン(透明)があり、
搭乗中はキャビン内で日本語と英語の解説が流れます。
 
夜間は照明により、キャビンと回転軸が
イルミネーションによって輝きを放ち、
大阪港をカラフルに彩る光は、
今やすっかり大阪の夜の名物のひとつです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
海遊館は、水族館だけでなく周辺施設も
充実していますのでデートには最適です。

また、冬はイルミネーションを観賞したり
できますので、おすすめするデートスポットです。

ぜひ、参考にしていただき素敵な
冬のデートを楽しんでくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す