梅の読み方とばいうやつゆを漢字で表わすと梅雨になる語源や由来は?

毎年、6月ぐらいになりますと雨の日が多くなり湿度が高くてジメジメしてうっとおしいですね。

日本では、梅雨の時期と言われています。

また、漢字で梅雨と言い表わした場合「ばいう」や「つゆ」と2通りの言い方があります。

少し気になりました「ばいう」や「つゆ」の語源と由来を考えていきます。

スポンサードリンク

梅の読み方は?


種や仕掛けもありません。

単純に「梅」を何と呼びますか?と
聞かれた場合には「うめ」と言うでしょう。

たまに「ばい」と言う人も
いるかもしれません。

辞典などで調べますと、
音読みで「バイ」になり、
訓読みで「うめ」になります。

他にも
常用漢字表示外で
梅の場合だけは「マイ」と
呼ばれるそうです。

また「め」とも呼ばれていて
音読みや訓読みにも
属さないと言われています。

気になるようでしたら、
辞典を見てもよいでしょうし、
パソコンで、
「バイ」「うめ」
「マイ」「め」を入力して
変換しますと「梅」の漢字が
出てくるはずです。

お試しくださいね。

ばいうを漢字で表わすと梅雨になる語源や由来は?


先程の辞典での話からしますと、
「梅」は「バイ」と読めます。
また、「雨」は音読みで
「ウ」と読めます。

続けますと「梅雨」は「バイウ」と読めます。

6月に雨が降る時期に
「梅雨」と呼ばれていて、
なぜ「梅」が関わってくるのか。
不思議に思いませんか。

梅の花が咲く時期は、
2月ぐらいで桜が咲く前になります。

しかし、梅の花が咲いた後に、
実が熟す時期は6月ぐらいになります。

梅の実が熟す時期が6月ぐらいで、
たまたま雨の多い時期と重なり、
梅と雨を合わせて「梅雨」と
呼ばれるようになった説があります。

また、雨の降る日が多くなりますと、
湿度が高くなり、カビが生えてきます。

カビを漢字で表わしますと、
「黴」となりとても難しい漢字になります。

「黴」の
音読みは「バイ」「ビ」「ミ」となり、
訓読みは「かび」「か(びる)」になります。

こちらの文字も
辞典を見てもよいでしょうし、
パソコンで、
「バイ」「ビ」「ミ」
「かび」を入力して
変換しますと「黴」の漢字が
出てくるはずです。

つまり
「黴」だけの一字で「かび」と
表現出来ますので、
雨が多く降る梅雨の時期に
合った文字になるでしょう。

スポンサードリンク

元々、梅雨の文字では、
「黴雨」が使われていた
のを
カビなどの文字を使っていては、
印象が良くありませんし、
書きにくく読みにくい漢字でしたので、
梅の実がなり、同じように読める事から
「黴雨」から「梅雨」に変わったと
言われている
説があります。

どちらも説になりますので、
ハッキリとした由来がわかりません。

しかし、現在でも「梅雨」で
梅の字が使われていますので、
昔の人の考えや知恵なのかも
しれないですね。

つゆを漢字で表わすと梅雨になる語源や由来は?


「ばいう」と同じように
「つゆ」を漢字で表しますと
「梅雨」になります。

辞書やパソコンで変換しましても
「つゆ」で調べたり、
パソコンで漢字変換しますと
「梅雨」と出てきます。

しかし、
「梅」や「雨」だけの1文字にしますと、
「つ」や「ゆ」の読み方がありません。

あくまでも「つゆ」として調べたり、
漢字変換をした場合にしか通用しません。

普段の生活でも「つゆ」と呼ばれていたり、
漢字でも「梅雨」になぜなったのでしょう。

「つゆ」と言われるようになった
年数や時代などを探っていきますと、
江戸時代に言われている説が多数出てきます。

しかし、あくまでも説になりますので、
ハッキリとした年数や年代がわかっていません。

由来では「梅」が出てきます。

梅が熟して潰れる(つぶれる)季節になり、
「潰れる」が「ついゆ」になり、
「つゆ」に変わった説。

雨が多い時期になりますので、
雨が降って梅の実だけでなく、
木の枝や葉などに露(つゆ)が
多くついて「つゆ」と
呼ばれるようになった説。

他にも説がありますが、
梅が使われている初めの由来から
「つゆ」を漢字で表すと
「梅雨」になったのかも知れませんね。

現在でも当て字のような漢字で
書かれてますと
読めない文字がありますので、
昔の人も「つゆ」を「梅雨」として
当て字にしたのかも知れませんね。

それが現在でも残っていると
考えた方がスッキリくる感じですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

6月ぐらいに雨が多く降る時期で
呼ばれている
「ばいう」と「つゆ」の由来や語源が
何となくわかった感じでしょうか。

あまり深く考えましても
昔の人が言っていた言葉になり、
「梅雨」は2通りの言い方があると
楽観的に思った方が良いかも知れませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事です。

スポンサードリンク

コメントを残す