糖尿病の自覚症状でよく喉がかわいたり、尿の回数や急にやせてきたときは?

現代社会においては、生活習慣病の一つになる糖尿病ですが、自覚症状がほとんどないことも糖尿病の一つになりますので、普段の生活をしていて、もしかしたら・・・糖尿病かも?と思ってしまうような症状があります。

今回は、糖尿病の疑いがあると思われる身体の異変などについて述べていきます。

スポンサードリンク

糖尿病の自覚症状でよく喉がかわくと思った時。

糖尿病の症状の一つに、よく喉がかわくことがあります。

正常な方でしたら、すい臓でインスリンが作られますが、糖尿病になりますと、作られるインスリンが少なくなったり、インスリンの効果が悪くなったりして、血液中にブドウ糖が増えてきます。

そうなりますと、脳が血液中にあるブドウ糖が多いと判断して、水分を摂って血液中の濃度を薄めようと働きかけます。

正常な方でしたら、水分を摂りましたら、喉のかわきが治まります。

しかし、糖尿病になりますと、いくら水分を摂っても血液中にあるブドウ糖の濃度は濃いままの状態ですので、脳は、次々と水分を摂るように働きかけます。

そうしますと、いくら水分を摂っても喉がかわいた状態が続きます。
511289
普段の生活をしていて、異様に喉がかわくなどの症状が出てきましたら、糖尿病かもしれないと疑ってもよいと言えます。

喉がかわいた時に飲む物は、糖分の入っていない水やお茶などにしましょう。カロリーゼロだから大丈夫と思って、炭酸飲料やジュースなどの甘い味の水分を多く摂ると、糖尿病の悪化につながりますので注意してください。

糖尿病の自覚症状で尿の回数や量が多くなったと思った時。

551433
正常な方でも、飲んだ水分は、尿として排出されますが、糖尿病になりますと、多くの水分を摂ることになりますので、尿を出す回数や量も多くなってきます。

また、血液中に多くあるブドウ糖が体内で処理がされないために、腎臓(じんぞう)がうまく機能せずに、血液中のブドウ糖と一緒に尿として排出されます。その時に、尿から甘いにおいがします。

スポンサードリンク

また、尿を出した時に泡立ちが多くなることもあります。

正常な方でしたら、尿は腎臓でろ過されて排出されますので、それほど泡立ちも多くありません。

しかし、血液中にブドウ糖の濃度が濃い状態ですと、腎臓にあるろ過機能が傷ついたりした結果。ろ過機能が壊されて、普通なら通らないはずのタンパク質などが尿と一緒に排出されて、泡立ちが多くなります。

ですので、糖尿病になりますと、脳が水分を摂るように命令を下して、水分をどんどんと摂っていっていき、尿の回数や量も増えてしまい、そして、腎臓のろ過機能も壊されてしまう悪循環におちいります。

尿をした時に甘いにおいがした時や泡立ちが多い時などは、糖尿病かもしれないと疑ってもよいと言えます。

糖尿病の自覚症状で食事は摂っているのに急にやせてきたときは?

641995
正常な方でしたら、血液中にあるブドウ糖を各臓器や筋肉そして脂肪などに栄養としていきわたり、エネルギーとして活用していきます。

しかし、糖尿病になりますと、血液中にあるブドウ糖が各臓器や筋肉、脂肪などに吸収される事なく血液中にある状態ですので、いくら食事を摂っても、ブドウ糖は、身体内に行きわたることなく、排出されてしまいます。

そして、各臓器や筋肉、脂肪などは、血液中からブドウ糖を栄養として吸収できない状態でも、身体の機能として代謝が必要になりますので、各臓器や筋肉、脂肪は、ためていたブドウ糖をエネルギーとして使っていきます。

そうなりますと、いくら食べても、ブドウ糖は身体に吸収されずに排出されてしまい、身体内でためていたブドウ糖を消費することになり、身体としては、エネルギー不足な状態になり、やせていく事になります。

もしも、よく食べているのに、なぜか?急激に体重が落ちてきたりしてやせるようなことが起こってきましたら、糖尿病かもしれないと疑ってもよいと言えます。

まとめ

他にも、糖尿病の症状として、視力障害(急に見えにくくなる)、立ちくらみ、手足のしびれ、などもあります。

また、糖尿病性昏睡(とうにょうびょうせいこんすい:ケトアシドーシス)と言われる症状で、身体がだるくなり、めまいや吐き気に襲われて、頭痛などが起こり、そして突然に意識がなくなり倒れることもあります。

糖尿病は、自覚症状があまりないのが特徴になりますので、少しでも疑いがあると思いましたら、すぐに、病院で尿検査や血液検査をして、悪化するのを防いで早期発見に努めるように心がけることがよいと言えます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す